FC2ブログ



健康になることと健康を継続させることについて




健康は全ての良し悪しを決めるバロメーターのようなもので、健康であれば食事も美味しいし、 運動をしても楽しいし、友人と会うのも話が弾んで楽しいものです。
睡眠をとれば、また元に戻ると言う体調ですから、毎日明るい気持ちで過ごせます。その上精神的 にも心配事などもない状態であれば、なお更、毎日の生活が快適に送れるものです。

こんな理想的な健康状態とは裏腹に、現実を振り返ると、日常起きている様々な悩み事、心配事、 経済的なこと、子供のことなどの精神的負担と、年と共に弱っていく体力・耐久力の低下と闘って いるわけです。
健康的には必ずしも良い環境下ではないと思うのですが、これが現実であれば、その中で健康管理 をしていかなければいけないという状況になるのではないでしょうか。

健康になり、その健康を継続するためには、食生活の安定化、健康食品の摂取、睡眠の確保、適度 な運動、ストレスを洗い流す努力、定期的な健康診断、病の治療など、身体にやさしい健康生活を 送ることが一番の健康管理です。
若い方、壮年の方、高齢の方、それぞれご自分の立場に合った健康生活を送れるように、努力され ることを願って止みません。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢の対策医学研究所ブログです

むろん、時の流れとともに加齢の対策を重ねていくのを、ただじっと指をくわえて見ているのは絶対よくないですからね。
うちの母親なんかも、一生懸命塗ったり貼ったりしていますよ、ナイトクリームだのフェイスマスクだのって言ってはね。
加齢の対策医学はもっともっと日本で発展していくべきだと思うし、そういう施設が増えるのは素晴らしい事でしょう。
だって、年を取るのって、神様や仏様にも止められないんですものね。
まあ確かに、アンチエイジングというのは立派な加齢の対策対策ではありますが、年を取る事を防ぐものではありません。

加齢の対策を美容的観点からとらえるのも大いに結構なのですが、加齢の対策を医学的観点からとらえる事もとても大事ですよね。
加齢の対策学の中でも最も重要な部分だから、それに特化した研究所の活躍に期待せずにはいられないですよね。
アンチエイジングも実はそこから出た言葉で、医学的観点からとらえるのが基本なんですよ。
昨今では日本でも、この加齢の対策医学を研究する専門施設が少しずつ増えて来ています。
ただね、残念ながら国公立大学の中では、まだ東北大学にしかないんです。
ただ、いくら見た目が綺麗でも、体が元気でなかったら、それは上手に加齢の対策をこなしているとは言えないでしょう。
実際に欧米では、加齢の対策医学と呼ばれる学術部門が存在し、日々様々な研究が行われています。
そういう意味で、東北の地に加齢の対策医学研究所が設立されたのは、これまたいい事なんでしょうね。
基本的に、生物学・医学などの自然科学と社会科学を統合して研究するものだから、加齢の対策医学は間違いなく含まれますよね。
東北大学の加齢の対策医学研究所については、健康関連や医療関連のブログやサイトでもあれこれ紹介されているみたいなので、今度ゆっくり読んでみたいなぁっと思っています。
厳密に言うと、アンチエイジングというのは時計の針を戻すという意味で、ストップ・ざ・加齢の対策という訳ではないんですよ。

<< 加齢の対策臭対策の酵素パワーのポイントなんです | 健康になる方法 維持 継続 口コミTOP | 加齢の対策対策に黒にんにくの口コミです >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。