FC2ブログ



健康になることと健康を継続させることについて




健康は全ての良し悪しを決めるバロメーターのようなもので、健康であれば食事も美味しいし、 運動をしても楽しいし、友人と会うのも話が弾んで楽しいものです。
睡眠をとれば、また元に戻ると言う体調ですから、毎日明るい気持ちで過ごせます。その上精神的 にも心配事などもない状態であれば、なお更、毎日の生活が快適に送れるものです。

こんな理想的な健康状態とは裏腹に、現実を振り返ると、日常起きている様々な悩み事、心配事、 経済的なこと、子供のことなどの精神的負担と、年と共に弱っていく体力・耐久力の低下と闘って いるわけです。
健康的には必ずしも良い環境下ではないと思うのですが、これが現実であれば、その中で健康管理 をしていかなければいけないという状況になるのではないでしょうか。

健康になり、その健康を継続するためには、食生活の安定化、健康食品の摂取、睡眠の確保、適度 な運動、ストレスを洗い流す努力、定期的な健康診断、病の治療など、身体にやさしい健康生活を 送ることが一番の健康管理です。
若い方、壮年の方、高齢の方、それぞれご自分の立場に合った健康生活を送れるように、努力され ることを願って止みません。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢の対策と食事量の関係は人気なんです

だったら、今、この年で無理にダイエットなんてしなくても、加齢の対策が進めば、自動的に痩せられるっていう事でしょう。
先日、会社の健康診断でメタボ予備軍に認定されたうちの旦那様、開き直ってこんな事を言うんですよ、どう思われます。
ほら、よく、もう年寄りで、そんなに食べられないんだから、好きな物を食べないと損だ、なんていう人がいますよね。
中には、すごくよく食べるお年寄りもいるし、太っているおじいちゃんやおばあちゃんだって珍しくありませんよね。
ただ、年を取ると、それだけ消費カロリーが減りますから、必要なカロリー自体が少なくて済みます。
それより、加齢の対策とちゃんと向き合って、年相応の生活をする事が重要でしょう。
国が定める生活費の基準でも、ある一定の年齢を過ぎると、加齢の対策とともに食費は少なく見積もられています。

加齢の対策は避けられない事だし、加齢の対策を恐れる必要はないと思うんですよね。
すぐには難しいかも知れないけど、もっともっと加齢の対策と健康を取り上げたブログやサイトを読んで、食生活について考えたいと思っています。
それによると、加齢の対策とともに変わって来るのは、食事量とその中身の両方なんですよね。
やっぱ、どうせ加齢の対策とともに食事量が減って痩せられるんだからっていう勝手な考え方はNGみたいですね。
年代別の理想の食事量や献立なんかが事細かに説明されていたんですけどね。
その加齢の対策を考える料理教室の診断によると、うちの旦那の場合、食事量は今のところは年相応なんです。
ただ、中身にかなり問題があって、このままでは成人病患者への道、驀地って感じです。
それも、ただ年を取る事を嫌がるのではなく、年齢を重ねる事を楽しめたらいいなぁっと私は思います。
だけど、それって、一応私にも責任がある訳で、これはまず自分が勉強しないといけないなぁっと思いました。

<< ブライダルチェックの診断とは | 健康になる方法 維持 継続 口コミTOP | 加齢の対策臭対策の酵素パワーのポイントなんです >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。